座敷童子出没?2つの噂に迫る パン店の幸運とコンビニの謎/兵庫・丹波篠山市

引用元:丹波新聞
座敷童子出没?2つの噂に迫る パン店の幸運とコンビニの謎/兵庫・丹波篠山市

 デジタル社会真っただ中の昨今、不思議な情報を兵庫県丹波篠山市でキャッチした。とあるパン店に「座敷童子(ザシキワラシ)」が出没しているというのだ。民俗学者・柳田国男が岩手県遠野地方の説話を記した「遠野物語」にも登場し、精霊とも神ともされる存在。近年、どんどん遠のいているようにも感じる不思議な話に迫った。あなたは信じる?、信じない?―。どちらにしても、少しだけ新型コロナウイルスとは違う話題でお楽しみください。

いたずらが好き 出没の家「栄える」

 座敷童子は、主に岩手県など東北地方に伝わる。遠野物語には、「旧家にはザシキワラシという神の住みたもう家少なからず」「このお神の宿りたもう家は富貴自在なり」とあり、座敷童子が出没する家は栄えるといわれる。

 伝承によって姿はさまざまだが、子どもであることが多く、着物を着ていたり、ちゃんちゃんこや振袖を着ていることもある。

 いたずら好きで、同じく遠野物語では、家に一人しかいないのに、主人の部屋から紙をがさがささせる音や、鼻を鳴らす音がするので扉を開けてみると、誰もいなかったというエピソードが紹介されている。

アパートの一室 謎の現象たびたび

 パン店は同市南新町にある「麦の穂」。川沿いの堤防から少し下った場所にあるアパートの一室の、こぢんまりとした店だ。

 扉を開けるとすぐに小さなカウンターがあり、棚においしそうなパンが並ぶ。店主の大地友代さん(40)がカウンターを指さした。カウンターの下は観音開きの小さな扉が付いていて、キッチンに入るためにはカウンターを上げ、扉を開けなければならない。

 「私たちが通ると、扉が『バタン、バタン』って鳴るんです。でも、時々、『パタ、パタ、パタ』と小さく動く。ちょうど店に来る1、2歳の子が触って遊んでいるみたいに」

 座敷童子の姿は誰も見たことがない。けれど、不思議な現象が数多く起こるという。

 パンを作るステンレス製の台の上に置いていた段ボールが、卵が10個入ったパックが、ひとりでに落ちる。床にあったボールが「転がる」のではなく、円を描くように「回る」。ラックの上に置いてあった金属製のボウルが「跳ねる」。

 極めつけは、大地さんの子どもが使っていたベビーベッドから、中にあったビニール袋が柵の目を抜けて床に落ちる。柵の目を抜けるのは風では説明できず、柵の外から誰かが引っ張っているかのように。

 これらの現象は、大地さんが店をオープンした5年前から継続して起きており、大地さんだけでなく、家族も体験している。オープン前に準備しているときから、みんなで「おかしいな」と話していたそう。

 大地さんは、「私自身は幽霊などを信じていない。でも、目の前でいろいろ起きるとさすがに」と言葉を濁し、「ねぇ?」とつなぐ。

フォローする