集団感染の介護施設 サービスを再開 潜伏期間2週間が過ぎ、感染予防対策徹底 伊丹

引用元:読売テレビ
集団感染の介護施設 サービスを再開 潜伏期間2週間が過ぎ、感染予防対策徹底 伊丹

 新型コロナウイルスの集団感染が発生し、サービスを休止していた兵庫県伊丹市の介護施設が9日、利用者の受け入れを再開した。

 伊丹市にある「グリーンアルス伊丹」には、自宅で検温を済ませた利用者らが訪れている。

 この介護施設では先月、利用者や職員など53人が感染し、7人が死亡した。

 施設は1か月間、サービスを休止していたが、ウイルスの潜伏期間とされる2週間が過ぎ、感染予防の対策も徹底されたことから再開した。

 また、この施設の利用者で、死亡後感染が確認された男性が入院していた同県宝塚市の「宝塚第一病院」も、外来診療や新たな入院患者の受け入れを再開した。

 同病院では、医師や入院患者7人が感染し、2人が死亡した。その後は、新たな感染者はなく、再開の環境が整ったとしている。

フォローする