名古屋駅地区の百貨店・商業施設、臨時休業・時間短縮営業を発表

名古屋駅地区の百貨店・商業施設、臨時休業・時間短縮営業を発表

 新型コロナウイルス感染症に伴う「愛知県緊急事態宣言」が発出されたことを受け、名古屋駅地区にある百貨店や商業施設が軒並み臨時休業・時間短縮営業を発表している。(名駅経済新聞)

【写真】百貨店・商業施設などがある名古屋駅前の様子

 ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区名駅1)と隣接するタカシマヤ ゲートタワーモールは当面の間、食料品売り場(ジェイアール名古屋タカシマヤ地下1階・2階)、「デリシャスコート」(1階北ブロック)などを除き臨時休業する。食料品売り場、デリシャスコートは営業時間を10時~18時に短縮して営業。

 名鉄百貨店本店(名駅1)も当面の間、食料品売り場(本館・メンズ館地下1階)と医療機関を除き臨時休業する。食料品売り場は営業時間を10時~19時に短縮して営業。

 大名古屋ビルヂング(名駅3)も当面の間、地下1階の「ファミリーマート」とカフェ・グロサリー「チャーリーズ」を除き臨時休業。5階の屋上庭園「スカイガーデン」、喫煙所、授乳室も閉鎖。

 KITTE名古屋(名駅1)、ミッドランドスクエア(名駅4)、ささしまライブのグローバルゲート(平池町4)は一部店舗を臨時休業するほか、営業時間を変更し営業。営業時間や休業店舗・期間はホームページに掲載する。

 ミッドランドスクエアシネマは5月6日まで全館休業。109シネマズ名古屋は当面の間、レイトショーを休止し時間短縮営業。

 最新情報や営業再開日などの情報は、各店・各施設のホームページで確認できる。 みんなの経済新聞ネットワーク

フォローする