市役所窓口に“アクリル板” 飛沫感染防止へ対策強強化 市民「ないよりは安心」 長野市 

引用元:NBS長野放送
市役所窓口に“アクリル板” 飛沫感染防止へ対策強強化 市民「ないよりは安心」 長野市 

 長野県はきのう14日、長野地域と松本地域に「新型コロナウイルス警戒宣言」を発令し、感染予防の徹底を呼びかけています。長野市役所の窓口にはきょう、アクリル板が設置されました。

 アクリル板は飛沫感染を防ぐためのもので、長野市役所ではきょうから市民窓口課をはじめ、保健所や支所の窓口に180台を設置します。

 県はきのう、長野地域と松本地域でクラスター発生のリスクが高まっているとして、県独自の4つの区分で最も低いレベル1から2に引き上げ、「警戒宣言」を発令しました。

 県などは人との接触を極力減らし、感染予防を徹底するよう改めて呼びかけていて、長野市役所ではエレベーターなど共有スペースの消毒も徹底します。

長野市市民窓口課・藤原昭課長:
「大勢のお客さまが来ているので、こうした対策をすることで安心して市役所にきてもらえれば」

市民:
「無いよりは安心できる」
「密接に対応していただくためには必要なのかなと思った」

 長野市はまた、既に閉鎖している48施設を含む274の市有施設を来月6日まで閉鎖すると決めました。新たに閉鎖する226施設には動物園やアウトドア施設なども含まれます。 長野放送

フォローする