旭川市の看護師は”再発”か…平熱で無症状 最初の発症から50日以上でも陽性

旭川市の看護師は

 旭川市は4月16日、新たに1人女性看護師の感染が確認されたことを発表しました。
 
 女性は40代看護師で、再発例です。2月24日にけん怠感が現れ、3月2日に陽性と確認。市立旭川病院に入院し、2度の陰性が確認できたことから3月14日に退院し自宅待機していました。
 
 自宅待機12日目の3月25日に改めて検査をしたところ再び陽性が判明しました。
症状が無かったため自宅待機を続け、退院後4週間経過の4月14日に改めて検査したところ、陽性と確認され、再び市立旭川病院に入院したということです。
 
 平熱で、症状はないということです。
 
 北海道内では16日、新たに22人の感染者が確認され、335例となります。 UHB 北海道文化放送

フォローする