山口・「外出自粛要請」で商店街人通り減少

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかける「緊急事態宣言」が全国に出されて初めての週末となりました。外出の自粛要請を受け山口県山口市の中心商店街では、経営者から先行きを不安視する声が聞かれました。県内でもきのう村岡知事が不要不急の外出を控えるよう外出の自粛を求めました。要請後初めての週末となったきょう、山口市の中心商店街では買い物をする人たちの姿も見られました。飲食店を経営する男性によると、人通りは、ふだんの土曜日の半分ほどだということで、「テークアウトとか宅配とかしかやってはないが、なかなか難しい状況」と話していました。収束の見通しが立たない中、従業員の雇用を維持するためにも何とか乗り切りたいと話していました。

フォローする