給与減やDV…新型コロナの影響 弁護士が電話無料相談 来月19日まで

引用元:沖縄タイムス

 沖縄弁護士会(村上尚子会長)は20日、新型コロナウイルス感染拡大に関する法的な悩み事に対し、無料の電話相談を始めた。日弁連の専用窓口を通じ、県内弁護士が折り返しの電話で相談に応じる。5月19日まで。

 電話での受け付けは平日正午~午後2時まで。オンラインは24時間受け付ける。同会によると今後、給与減や解雇などの労働問題、事業者の資金繰り、外出自粛で懸念されるドメスティックバイオレンス(DV)、便乗詐欺などの相談が予想されるという。

 那覇市の沖縄弁護士会館で記者会見した村上会長は「法律の専門家による助言で、困っている人を援助していきたい。悩み事があれば相談を」と呼び掛けた。

 電話は全国共通0570(073)567。事業者は既存の「ひまわりほっとダイヤル」電話0570(001)240も利用できる。

フォローする