安曇野・穂高有明にココア専門店 店主が建てたログハウスとウッドデッキで

安曇野・穂高有明にココア専門店 店主が建てたログハウスとウッドデッキで

 ココア専門店「Alice Lodge Ride on Cocoa(アリスロッヂ・ライドオン・ココア)」(安曇野市穂高有明、TEL 080-6587-4809)が3月28日、オープンした。(松本経済新聞)

【写真】ログハウスとウッドデッキ

 青いドアと窓が目を引くログハウスは、店主の前田芳孝さんが自ら建てたもの。店舗面積は約3坪。テークアウトが中心だが、イートインスペース3席のほか外にはウッドデッキも設ける。

 ココアはオランダのもので、オーダーを受けてから、粉をいり、三温糖やきび砂糖、ざらめなどで甘みを加える。「ココア」(430円、アイスは460円)のほか、「ソイココア」「アーモンドココア」(以上450円)などを用意する。ほかに「ミルクチョコレート」(420円)や「エスプレッソ」(380円)なども。

 フード類は、焼いたパンにハムやチーズ、ピクルスなどを挟んだ「キューバサンドイッチ」(ハーフ=760円、クオーター=430円)や「BLTサブマリンサンド」(630円)、「カップインフレンチトースト」(440円)などを提供する。

 前田さんは、裏町で2年間営業したシュークリームとワインの店「Casa Alice Springs(カーサ・アリス・スプリングス)」を2018(平成30)年3月に閉店。自宅で自営ができる場所を探して、昨年3月に安曇野に移住した。ログハウスはユーチューブで動画を見ながら建て、ウッドデッキも作った。「建物自体は夏ごろに完成していたが、設備関係が難しくて時間がかかった」。店で何を提供するのがいいかを考え、好きなココアに特化しようと決めて準備を進めてきた。

 店名の「ライド」は、前田さんが自転車に乗ることから付けた。今月と来月は、「アルプスあづみのセンチュリーライド」が開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止になった。「途中で甘いものを補給してもらえばと思っていたので残念だが仕方ない」と前田さん。自転車で来店すると、会計の合計金額から100円引きするサービスも行う。「今後はココアといろいろなものを組み合わせた商品を提供できれば」とも。

 営業時間は10時30分~17時。月曜、第2・第3火曜定休。 みんなの経済新聞ネットワーク

フォローする