院内感染恐れて“受診控え”か…愛知県内の医療機関の8割「外来患者数減った」 開業医ら対象の調査で

引用元:東海テレビ
院内感染恐れて“受診控え”か…愛知県内の医療機関の8割「外来患者数減った」 開業医ら対象の調査で

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を調べたアンケートで、愛知県内の医療機関の8割が「外来患者数が減った」と答え、経営に大きな影響を与えていることが分かりました。

 愛知県保険医協会は、県内の開業医や歯科医師など約5800人を対象にアンケートを行い、1758人が回答しました。

 その結果、3月の外来患者数は、去年に比べて「減った」と答えたのは80%に上りました。

 特に小児科や耳鼻咽喉科で患者の減少が目立ち「院内感染を恐れ受診を控える人が増えた」とみられています。

 またマスク、ゴーグル、消毒液などのなどの不足を訴える声は、全体の7割に及んだということです。 東海テレビ

フォローする