名古屋駅 移動自粛で新幹線は空席目立つ 中部空港の国内線は大幅減便に 国際線は全便運休

名古屋駅 移動自粛で新幹線は空席目立つ 中部空港の国内線は大幅減便に 国際線は全便運休

 緊急事態宣言で移動の自粛が呼び掛けられる中、週末のこの地方の各交通機関でも空席が目立っています。

 JR東海によりますと、26日午前10時までの東海道新幹線は、自由席の乗車率が上り下りともに10%以下だということです。

 東海道新幹線は、24日から5月6日までの運転本数を、前年の同じ時期よりも約2割減らしています。

 中部空港によりますと、26日の国内線の発着便は26便で前年の同じ時期の約4分の1まで減っているということです。

 また、国際線は大型連休の間、全便運休となっています。

フォローする