岩沼倉庫火災…24時間経つも鎮火せず

引用元:仙台放送
岩沼倉庫火災…24時間経つも鎮火せず

4月30日、岩沼市の大型物流倉庫で発生した火災は、出火から丸1日経ちましたが、鎮火には至っておらず、今も消火活動が続いています。

記者リポート
「現在午前8時30分です。出火から20時間以上経過しているんですけれどもまだ建物からは黒い煙が勢いよく出ていて壁からは赤い炎も見えます。」

消火活動が続いているのは、岩沼市空港南3丁目の物流倉庫「プロロジスパーク岩沼1」で、4月30日、午前11時45分ごろ2階の冷蔵室の中から煙が出ているのを従業員が見つけ消防に通報しました。

消防によりますと、現場にはポンプ車など36台が出動し消火活動にあたっていますが、出火から丸1日以上が経った今も鎮火には至っていません。

この火事によるけが人は、いないということです。

この倉庫を管理するプロロジスによりますと、「現状、物流が滞るといったことはない」ということです。

また現場から2キロほど離れた仙台空港でも、「煙は確認しているが運航に影響はない」としています。 仙台放送

フォローする