感染者の個人情報HP誤掲載、愛知県庁職員が謝罪対応に大わらわ

感染者の個人情報HP誤掲載、愛知県庁職員が謝罪対応に大わらわ

 愛知県が新型コロナウイルス感染者の個人情報を誤ってホームページに掲載していたことを受け、県庁では6日も職員が登庁し、該当者に電話で謝罪するなど対応に追われています。

 誤掲載されたのは、県内の感染者全員となる495人分の個人情報で、そのうち396人は名前も掲載されていました。

 5日の時点で、個人情報が掲載された8割の人と連絡を取りおわびしたといいますが、残り2割の人とは連絡が取れていません。今のところ悪用や被害の情報は確認されていないということです。

 ホームページからはすでに削除されていて、県は今後、チェックなどを徹底し再発防止に努めるとしています。 中京テレビNEWS

フォローする