85歳の母親の遺体を1カ月以上放置した疑いで57歳の息子を逮捕 愛知・碧南市

85歳の母親の遺体を1カ月以上放置した疑いで57歳の息子を逮捕 愛知・碧南市

愛知県碧南市で母親の遺体を放置したとして、57歳の息子が逮捕されました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは碧南市作塚町の無職鈴木尚登容疑者(57)です。

警察によりますと鈴木容疑者は碧南市内で別居している母親(85)が死亡しているのを知りながら放置した疑いが持たれています。

警察と市の職員らが18日に家の中を確認したところ腐敗した女性の遺体が見つかりました。

次男の鈴木容疑者に事情を聞いたところ「遺体は母親で4月5日ごろから死んでいるのを知っていた」と話し容疑を認めているということです。

警察が死因や動機などを調べています。

フォローする