宮城県議会 議員報酬など約1億円を削減へ 議長に申し入れ

引用元:仙台放送
宮城県議会 議員報酬など約1億円を削減へ 議長に申し入れ

新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、宮城県議会は議員報酬など総額およそ1億円の削減を議長に申し入れました。

県議会の各会派の代表は5月21日午後4時過ぎから、非公開の会合を開き、議会費の削減について協議しました。
協議の結果、7月から来年3月までの9ヵ月の議員報酬と政務活動費の削減を決めました。
具体的には議員報酬は、議員1人あたり3万円、議長が7万円、副議長が5万円の削減。政務活動費は支給額の15パーセントを減額、これに今年度分の事務局費などを合わせて総額およそ1億円の削減を議長に申し入れました。
県議会の各会派は6月の6月議会でも議論していくということです。 仙台放送

フォローする