23日の仙台市中心部の人出 1週間前よりも増加

引用元:KHB東日本放送
23日の仙台市中心部の人出 1週間前よりも増加

宮城県などへの緊急事態宣言が解除されてから2度目の週末を迎えた23日、仙台市中心部では人出が戻りつつあります。

新型コロナウイルスの感染拡大前と比較した23日の人出は、JR仙台駅西口で37.3%減少、地下鉄青葉通一番町駅では32.5%減少でした。

これを1週間前と比べると、仙台駅では3.2ポイント、青葉通一番町駅で10.8ポイントと、いずれも増加し、仙台市中心部に人の流れが戻りつつあることがうかがえます。

なお、宮城県によりますと、翌24日も県内では新型コロナウイルスの新たな感染者は確認されませんでした。感染者の確認無しは26日連続です。
これまでの県内感染者は88人で、うち1人が死亡し、86人が退院または療養を終えています。

フォローする