避難所の新型コロナ対策 建物を3D計測で調査  静岡県

避難所の新型コロナ対策 建物を3D計測で調査  静岡県

 災害時に人が大勢集まる避難所では、新型コロナウイルスの感染リスクが心配されます。そこで、避難所の建物を立体的に3Dで計測し、空気の流れなどからウイルスの流入を防ぐ調査が5月25日御殿場市で行われました。

 こちらが、建物の空調設備や換気口などの位置を、360度カメラと2つのレーザーによって立体的に計測できる機材です。25日は、御殿場市の避難所となる体育館の空調や、配管の位置などを三次元の立体映像にして、空気の流れや広がりなどをシミュレーションし、ウイルスがたまりやすい場所がないかどうか調査しました。
<日本DMC・小栗幹一代表取締役>「避難所は、やむを得ない場合クラスターが発生してしまう。このあと気流や空調を検討して、気流がどう動いているか、コロナウイルスが感染しやすい場所がどこにあるのか、ほこりが溜まりやすい場所がどこなのかを知ることで、事前に改善する対策になる」
<御殿場市役所未来プロジェクト課・芹澤知輝さん>「いろいろな角度からリスクの可能性を検討する必要がある。多くの方が集まる場合、適切な距離を保ちつつ、空気の流れやウイルスがどこに潜みそうかというリスクを検討する必要がある」 御殿場市では、順次、施設ごと3Dの計測をして、空気の流れなどを調査して、感染リスクの対策に役立てたいとしています。 静岡放送(SBS)

フォローする