宮城・南三陸町で行方不明者捜索 震災発生から8年11か月

引用元:TBC東北放送

 震災から2月11日で8年11か月となります。宮城県南三陸町の海岸で10日、警察が行方不明者の捜索を行いました。
 宮城県南三陸町戸倉の寺浜漁港付近の海岸では、南三陸警察署の警察官5人が、捜索にあたりました。この海岸では、これまでに3回捜索が行われましたが、台風19号による漂流物が多く打ち上げられるなど、漂流物が多いとの住民からの情報を受けて、10日に改めて捜索を行ったものです。警察官は、海岸に打ち上げられた木くずなどをかき分け、行方不明者の手がかりを捜しました。10日の捜索では、行方不明者につながる手掛かりは得られませんでした。県のまとめによりますと、東日本大震災で県内では、1月末現在、関連死を含め1万566人が亡くなり、1219人の行方が分からないままとなっています。

フォローする