インフルエンザ患者「注意報レベル」下回る 例年は3月末まで流行 「引き続き感染予防を」 長野県

引用元:NBS長野放送
インフルエンザ患者「注意報レベル」下回る 例年は3月末まで流行 「引き続き感染予防を」 長野県

 長野県内でインフルエンザ患者が減少し、「注意報レベル」を下回りました。

 県によりますと、今月10日からの1週間のインフルエンザ患者は、定点の1医療機関あたり8.21人で、「注意報レベル」の10人を下回りました。
 
例年3月いっぱいまで流行が続くため、引き続き感染予防に努めるよう呼びかけています。

 一方、全国で感染が報告されている新型コロナウイルスは、現在、県内で発生は確認されてません。

 ただ、全国で感染者が増えており、県は、マスクの着用など咳エチケットや、手指の消毒などによる感染予防の徹底を呼び掛けています。 長野放送

フォローする