神戸・教員間いじめ問題 調査委員会が報告書を公表/兵庫県

引用元:サンテレビ
神戸・教員間いじめ問題 調査委員会が報告書を公表/兵庫県

兵庫県の神戸市立の小学校で起きた教員間のいじめ問題を巡り、市の教育委員会が設置した調査委員会は2月21日、120項目以上のハラスメントの事実を認めた報告書を公表しました。

神戸市立東須磨小学校では、30代から40代の教員4人が、20代の教員4人に暴行や暴言などを繰り返していたことが発覚。
市教委が設置した外部の弁護士による調査委員会は21日、長田淳教育長に調査報告書を提出しました。

報告書では、4人の加害教員が行った激辛カレーを食べさせたりプールに放り投げたりするなど合わせて123項目にわたるハラスメントを認定。
その背景について、「加害教員の個人的な資質が主な原因」とした上で、「状況を改善できなかった管理職の対応にも問題があった」と厳しく非難しました。

市教委は現在、4人の加害教員の給与を一時的に差し止める分限休職処分にしていて、報告書をもとに2月中に4人の処分を決定するとともに、保護者への説明の場を設けるとしています。

フォローする