<北海道>十勝で大雪 31日はオホーツク海側で80cmの予報

 30日の道内は、太平洋側東部を中心に大雪となりました。31日にかけてはオホーツク海側を中心に80センチの大雪となる見込みで、気象台が警戒を呼びかけています。
 30日は十勝を中心に大雪となり、広尾町では、午前11時までの24時間降雪量が40センチを記録しました。
 ひざ上まで積もった雪で町民は朝から雪かきに追われました。これから31日夜にかけて、オホーツク海側では多いところで80センチの雪が降る見込みです。道東などの小中学校ではあわせて229校が臨時休校となり、すでに31日の休校が決まっている学校もあるということです。 HTB北海道テレビ

フォローする