低温サウナ「健回炉」導入 塙・湯遊ランドはなわ

引用元:福島民友新聞
低温サウナ「健回炉」導入 塙・湯遊ランドはなわ

 塙町振興公社は、昨年12月から塙町の湯遊ランドはなわに低温サウナ「健回炉(けんかいろ)」を導入した。健回炉は、バドガシュタイン鉱石とテラヘルツ鉱石を使用した温熱ベッド。鉱石から発生するラドンが細胞を活性化させ、免疫力や治癒力を高めるとされる。

 毎秒1兆回振動するテラヘルツ波のエネルギーで体の芯まで温める「テラプレート」とラドンを含んだ「バドプレート」があり、2種類を組み合わせた「ハイブリッドタイプ」も備える。時間は午前10時~午後8時(最終受付は同7時)で1回の利用につき2千円、町民は1500円。

 22日、同施設でオープニングセレモニーが行われた。宮田秀利町長ら約10人が参加し、リニューアルオープンを祝った。

フォローする