北海道内 にぎわいどこへ 新型肺炎 外出自粛要請初日

引用元:北海道新聞
北海道内 にぎわいどこへ 新型肺炎 外出自粛要請初日

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、鈴木直道知事の緊急事態宣言で外出自粛が呼び掛けられた29日、道内の観光地などは朝から閑散とした。普段はにぎわう休日の街中も客足はまばら。関係者や自宅待機の家族からはため息が漏れた。

外出自粛 戸惑う道民 日用品買いだめも

 マスク姿の歩行者が目立つ札幌中心部。JR札幌駅付近のパン店は客の減少を見越して通常より製造量を3割減らした。40代の女性従業員は「人通りは普段の3分の1。アルバイトを休ませ正社員で対応している」という。自粛要請は3月1日も続き「売り上げの影響は大きい」と、ぼやいた。

 札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)のイベント掲示板は「開催中止」の表示ばかり。雑誌「ビッグイシュー」を販売する男性は「楽しいことが何もない。これじゃ人は来ないよね」と嘆息する。

 普段はにぎわうJR函館駅近くの函館朝市も静かな朝だった。函館カネニ仲通店の西村考平店長(31)は「ただでさえ経営が厳しいのに客がさらに減る。だが感染拡大を抑えることを優先するべきとも思う」と胸中は複雑だ。東京都から来た専門学校生は「観光地なのにここまで人がいないとは」と驚いた様子。松前漬けを買い、足早に朝市を離れた。

スキー場への影響も

 道内スキー場への影響も大きい。朝里川温泉スキー場(小樽)は28日から、営業終了時間を1時間繰り上げ。札幌国際スキー場(札幌)は通常通りの営業で、密室となるゴンドラは1時間おきに必ず消毒しているが、担当者は「ここ2週間の週末と比べ来場者は半分ほど」と漏らした。

仕事に向かう人々は

 ただ、仕事に向かう人々の生活は普段通り。午前7時半ごろ札幌市営地下鉄の大通駅に着いた車両にはスーツ姿の通勤客ら約50人が乗り、空席はわずか。アルバイトに向かう同市西区の大学生は「仕事や用事がある人は普通に出歩く」と話した。

 29、1日は札幌市の商業施設サッポロファクトリーの大半の店舗やファミリーレストラン「ガスト」などの道内系列店25店が休業となった。 北海道新聞

フォローする