ハピナ名掛丁にダーツバー&ダイニング VIPルームや200人貸し切り対応も

ハピナ名掛丁にダーツバー&ダイニング VIPルームや200人貸し切り対応も

 ダーツとカラオケが楽しめるエンターテインメントバー「REGALO(レガロ)」仙台駅前店(仙台市青葉区中央1、TEL 022-397-7731)が2月26日、ハピナ名掛丁商店街にオープンした。(仙台経済新聞)

【写真】オープンスペースのバーカウンター

 第一興商(東京都品川区)が東京・埼玉で展開し、全国4店舗目・東北初出店となる「レガロ」。広報担当者は「全国に展開を予定していた中、仙台によい物件が見つかりオープンに至った」と話す。店舗面積は398.83平方メートル。席数は160席、貸し切り時最大200人を収容し、レガロで過去最大規模の店舗という。

 店内には、テーブル席とダーツ機が並ぶ「オープンスペース」をはじめ、完全個室の「カラオケルーム」(5部屋、2人~7人)、ダーツとカラオケを設置した「VIPルーム」(3部屋、2~12人)を設ける。オープンスペースは、大人数での貸し切りパーティーや結婚式の2次会などのニーズにも対応する。

 ドリンクは、クラフトビールやワイン、ウイスキーやカクテルなど100種類以上を用意。フードは、スナックやアペタイザー、サラダ、フライフード、グリルミート、パスタ、ピザなど約40種類を提供する。

 客単価は2,500円。20~40代の学生やビジネスマンをメインターゲットに据える。担当者は「非日常空間でダーツやカラオケを多くの皆さまに楽しんでいただきたい。また来たいと思っていただける店を目指す」と話す。

 営業時間は12時~翌5時。 みんなの経済新聞ネットワーク

フォローする