「脱獄アイフォン」販売で250万円 19歳少年を逮捕

引用元:ABCテレビ

「脱獄」と呼ばれる方法でプログラムを改変したアイフォンを不正に販売したとして、19歳の少年が逮捕されました。

兵庫県・播磨町に住むアルバイトの少年(19)は、去年8月、京都府内の男子高校生に対しアイフォンの内蔵プログラムを改変してSNS上で販売し、アップル社の商標権を侵害した商標法違反などの疑いがもたれています。こうした改変は「脱獄」と呼ばれ、アップル社が端末にかけている制限を解除することで非公式のアプリをインストールできたり、ゲームを優位に進めたりできるようになるということです。警察は、こうした「脱獄アイフォン」の不正販売がSNSなどで横行しているとみていて、少年は去年7月からの半年間で60件を受注し、約250万円を売り上げていたということです。調べに対し「小遣い稼ぎだった」と容疑を認めています。 ABCテレビ

フォローする