【新型コロナ】PCR検査 保険適用受け… 検体の輸送方法を研修 梱包手順など確認

引用元:NBS長野放送
【新型コロナ】PCR検査 保険適用受け… 検体の輸送方法を研修 梱包手順など確認

 新型コロナウイルスの検査に保険が適用され民間でも行えるようになったことを受け、検体を安全に輸送する研修会が行われています。

 研修会はきのう13日夜、長野市保健所で行われ、およそ15の医療機関から30人以上が参加しました。

 PCR検査は、今月6日から保険適用の対象となり、民間の検査機関にも依頼することが可能になりました。

 県環境保全研究所の職員などの指導を受け、模擬の検体を使ってケースの蓋をテープで固定し、4重構造にしてジュラルミンケースに入れるなど中身が漏れないよう梱包する手順を確認しました。

 県内では環境保全研究所や信大病院など3機関で1日でおおむね26人分の検査ができますが、今後、感染が拡大すると間に合わなくなることも想定されます。 長野放送

フォローする