「不安なことはない?」 休校中の生徒を先生が家庭訪問 体調や悩みなどを聞き取り 長野・麻績村

引用元:NBS長野放送
「不安なことはない?」 休校中の生徒を先生が家庭訪問 体調や悩みなどを聞き取り 長野・麻績村

 休校中の生徒の様子を確認するため、長野県麻績村の筑北中学校は家庭訪問を実施。きょうで3回目となりました。

担任:
「行ってきます」

 筑北中は臨時休校が始まってから週一回・金曜日に家庭訪問を実施。きょう17日が最後で3回目の訪問でした。

1年生の担任・丸山優子教諭:
「各家庭に行って様子を聞いたり、課題のすすみ具合を聞いたりしている」

 1年生の担任・丸山先生は16軒の訪問です。

1年性の担任・丸山優子教諭:
「こんにちは」

 体調を崩していないかや不安やストレスを貯めていないかを確認し明日から「春休み」に入るため、きょうは通知表や春休みの課題などを渡しました。

1年性の担任・丸山優子教諭:
「2年生になれますね、よかったね」

生徒:
「部活がなくて友達と会えないのでやはりさみしい。少しでも先生に会えるのでうれしい」

1年性の担任・丸山優子教諭:
「何か分からないことや不安なことがあったら電話して」

 生徒からは「家庭学習に不安がある」などの声が上がっていますが、プリントを配布して補足しているということです。

1年生の担任・丸山優子教諭:
「確かに大変かなと、勉強面でも今まで学校でも見られなかった。計画的に勉強を進めるという点では、自立、成長を感じられてうれしい。家庭訪問は確かに大変だが、生徒たちの顔が見られるのでエネルギーになっていいかなと思う」 長野放送

フォローする