<北海道>東京五輪「延期の判断も」札幌開催はどうなる?

 東京オリンピック・パラリンピックの延期の可能性が取りざたされる中、札幌で開催予定のマラソンや競歩などの開催はどうなるのでしょうか。
 札幌ではこの週末もオリンピックに向けた準備が進んでいました。
 北海道神宮で子どもたちが集めていたのは…芽が出始めたソメイヨシノやヤエザクラの枝です。
 毎年、北海道神宮ではサクラの成長を促すためのせん定が行われていますが、今回はその枝をもらい低温で保存。開花を遅らせて真夏の札幌で満開の桜を咲かせるのです。
 去年、夏にサクラを咲かせる実験を行いました。4月に空知の沼田町にある雪の倉庫でサクラの枝を保存し、8月に東京へ運びました。すると…見事な花を咲かせたのです。
 本番のことしは道内の市町村や企業から3000本のサクラの枝が集まり、25日に沼田町の雪室に保存される予定です。
 いっぽう、オリンピックの聖火は23日、岩手県大船渡市に到着。着々と準備が進むなか、IOCは延期を含めた検討を始めました。
 札幌市 秋元市長「(Q、森会長から連絡は?)特にありません。これまで進めている準備を引き続きどういう形で進めて行けばいいのか、結論が出るまで待てるものはできるだけ待ってということも含めて、組織委員会を十分打ち合わせをしていきたい」
 マラソン・競歩の札幌開催にも暗雲が立ち込めています。4月上旬に予定されていたマラソンコースの計測が延期されることに…。計測の担当者が新型コロナウイルスの影響で来日を控えることになったのです。
 札幌市民「やっぱり悲しい。札幌で開かれるのはすごいことなのに、無くなるのはちょっと」
 「延期は残念だが、お互いに健康・安全のためには仕方がない」
 ANNの世論調査では、オリンピック・パラリンピックを延期した人が良いという人が74%に上っています。
 延期の可否について、IOCは東京の組織委員会などと話し合いを進め、4週間以内に結論を出す方針です。 HTB北海道テレビ

フォローする