昼過ぎにかけ警戒を 長野県の北部・中部に大雪警報

低気圧と寒気の影響で長野県内は、昼過ぎにかけ大雪となる見込みで、北部と中部には大雪警報が出されています。
長野市内も未明から雪が降り出し、これまでに10センチを超す積雪となりました。
例年より早く花をつけた梅や桜などに湿った重い雪が降り続いています。
雪は北部と中部が中心で、午前11時現在の積雪は、長野で14センチ、松本15センチ、軽井沢27センチ諏訪10センチなどとなっています。
この雪のため県内では各地で倒木などによる交通障害が発生しており、JR篠ノ井線は、けさから長野駅と松本駅間で運転を見合わせており、再開は昼過ぎになる見込みです。
またJR大糸線でも倒木の影響で、午前11時前から、信濃大町と南小谷駅間で運転を見合わせています。
北部と中部には大雪警報が出されており、大雪は昼過ぎまで続くとみられています。

フォローする