住宅が全焼 焼け跡から1人の遺体

引用元:KHB東日本放送
住宅が全焼 焼け跡から1人の遺体

宮城県白石市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
この家に住む男性と連絡が取れなくなっていて、遺体はこの男性と見られています。

火事があったのは白石市大鷹沢鷹巣の菊地祥文さん(63)の住宅で、29日午前6時ごろ、近所の住民から「住宅から火が出ている」と消防に通報がありました。

火は1時間半後に消し止められましたが、木造平屋の住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

警察によりますと、菊地さんはこの家に1人で住んでいて、出火のあと菊地さんとの連絡が取れなくなっているということです。

警察では、遺体は菊地さんの可能性があるとみて身元の確認を進めるとともに、出火の原因を調べています。

フォローする